FC2ブログ

コタツの中の小宇宙

目指せ40歳ハッピーリタイヤ!やりたいことだけやれるって最高ヽ(*´∀`)ノ
コタツの中の小宇宙 TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の話 >  地球の温暖化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球の温暖化

4月から半袖Tシャツを着てたと思っていたら、ここ最近はなんだか肌寒く思われます。
こんな年は必ず「今年は冷夏だ」「猛暑だ」、はてには「温暖化が進んだ」だの「氷河期が来た」という話が出てきます。

では今の地球はどの方向に向かっているのでしょう?

まずは氷河期。
大きな氷河期は、数万年周期で過去幾度となく訪れています。
また、太陽の周期によっても22年ごとに厳寒期がやってくる。これは黒点の活動期と関係があります。

ちなみに氷河学的には、「氷河期」という言葉は、南半球と北半球に氷床がある時期を意味する事が多く、この定義によれば、グリーンランドと南極に氷床が存在する現代、我々は未だ氷河期の中にいることになります。

てことは、今は氷河期なんだ(゜Д゜ノ)ノエェェェェ!?

次に温暖化。
私たち人類が化石燃料を消費することにより、温室効果ガスの二酸化炭素が地球を暖めていくものが一つ。
氷河を融かし、生態系を壊すということは、子供でも知っている常識ですね。
あと面白い説で、牛のゲップが温暖化を進めているというのもあります。
森林伐採も回りまわって温暖化につながります。

じゃあこれからは、、
氷河期 → 温暖化
う━━━━━━ (;-д-) ━━━━━━ん
なんかポイントが違うなぁ…

まあ、氷河期と言う観点からは、これからも温暖な気候と氷河期を繰り返していくと思われます。
また、環境破壊がこのまま進めば、地球の温度がどんどん上がっていくでしょう。


しかし、地球規模といいますか、太陽の活動を考えると確実に温暖化に向かっています。
と言いますのも、太陽は誕生から25%も輝きが増しています。
そして今後もその輝きを増していくと考えられています。

また、太陽光増加が地球の温暖化に関与する可能性は、無視できる程度とされていますが、ここ最近の研究では、紫外線によるオゾン生成や、太陽活動の活発化による宇宙線減少からくる「雲」の減少を考えると、太陽光はもっと温暖化に貢献(?)している可能性があるとのこと。


もしこの研究が進んでくると、「京都議定書」で論議されている二酸化炭素削減だけが必ずしも温暖化を食い止める策、ではないかもしれませんね。

地球外惑星への移住や火星のテラフォーミングが現実の話になってきそう?





スポンサーサイト
[ 2007/05/20 22:39 ] 宇宙の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

閲覧者
誰?

かんずぉ

Author:かんずぉ
どうぞお入りください
お茶でもどうぞ
私の話、聞いてね
ウヒ!

ブログ内検索
かんずぉオリジナル!

かんずぉオリジナル-2
コタツの中の小宇宙 かんずぉオリジナル-1
おもてなしカップ

ブロとも申請フォーム
ドキ♡(*゚ ゚*)♡ドキ
レディース 下着 インナー ナイトウェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。