コタツの中の小宇宙

目指せ40歳ハッピーリタイヤ!やりたいことだけやれるって最高ヽ(*´∀`)ノ
コタツの中の小宇宙 TOP  >  スポンサー広告 >  宇宙の話 >  距離をお金に?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

距離をお金に?

宇宙はとてつもなく広大で、その大きさは私たちの想像の域を超えてしまっています。
特に光の速さを利用した「光年」の表記は、分ったようでわかりにくいものです。

オリオン座のベテルギウスは「500光年」離れています。
はくちょう座のデネブは「1,800光年」先にあります。
私たちの銀河の直径は「10万光年」です。
「120億光年」離れた星が見つかったそうです。

とてつもなく遠くにあることは良く分りますが、ここまでくるとどれも一緒のように思えます。

では一番近い恒星、ケンタウルス座αの伴星C(プロキシマ・ケンタウリ)ではどうでしょう?

その距離は「4.22光年」です。

おお!ちょっと近いかも!
もしかすると、人類史上最速での観測衛星ニューホライズンズでそこを目指せば、生きているうちにケンタウルスまで行けるやないの??

しかしそんなに甘くはありません。
先輩探査機パイオニア10号は、64光年離れたアルテバランに向かっていますが、到着は200万年後とされています。
仮に行き先をケンタウルスに変更したとしたとしても、13万年以上かかります。
単純比較は難しいですが、パイオニア10号の木星最接近は打ち上げから1年9か月かかったのに対し、ニューホライズンズは1年1か月強。

やはり数万年かかりそうです…
残念。。


まあ、ともあれ話を表題に戻します。
宇宙の距離は、お金に換算するとわかりやすいそうです。

東京-大阪間は約500kmですので、お金に換算して500円とします。
そうすると、東京-ニューヨークは11,000円になります。
あんまり海外に行ったことがないから実感はないですけど、なんとなく分るような数字になりました(^^;)

では宇宙に目を向けてみましょう。
地球の軌道を回る、スペースシャトルの軌道高度は200円~300円にしかなりません。
東京-大阪間よりも短い距離にしか空気が存在しないことがよく分ります。

もう少し遠くはどうでしょう?
地球から一番近い天体「月」
月まででは380,000円になります。
いきなり金額が跳ね上がりました。でもちょっと生活感のある金額です。

火星は、地球と一番近づく時の距離で50,000,000円。
ここまでなると一生に一度の買い物になります。

冥王星までなら最短距離で4,300,000,000円。
もう、個人ではどうにもならない金額になります。
あとゼロが多すぎますので、43億円と表記します。

さて問題の恒星間では一体どんな金額になるのでしょう?
冒頭に出てきたケンタウルス座αの伴星C(プロキシマ・ケンタウリ)のその距離は「4.22光年」。
一番近いとされている恒星です。

な、なんと!40兆円(40,000,000,000,000円)
いったいどんな金額やねん!!
全然分かりやすくないぞ!
やっぱり宇宙の規模はとてつもなくスゴイということですね(^^;)

私たちの銀河は約2,000億個の恒星が渦巻いています。
一番近い星でこの現状です。
宇宙をなめていましたよ、、ホンとゴメン…

もはや、500円で東京見物に行くのとは次元が違いますね~。



今回は↓↓↓に載っているお話を参考にさせてもらいました。
他にも楽しいトピックスが載っているので、ぜひ見てくださいね。

スポンサーサイト
[ 2007/06/03 22:54 ] 宇宙の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

閲覧者
誰?

かんずぉ

Author:かんずぉ
どうぞお入りください
お茶でもどうぞ
私の話、聞いてね
ウヒ!

ブログ内検索
かんずぉオリジナル!

かんずぉオリジナル-2
コタツの中の小宇宙 かんずぉオリジナル-1
おもてなしカップ

ブロとも申請フォーム
ドキ♡(*゚ ゚*)♡ドキ
レディース 下着 インナー ナイトウェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。